アコムは審査が甘いと思ったら大間違い!?ここだけ気をつけて!

アコムは初心者でも安心して申し込めるカードローンです。業界でも高いカスタマーサービスを誇り、丁寧な接客や分かりやすい借入・返済方法を用意して安心感を高めてくれます。

そのアコムですが、やはり申込者が全員審査に通過するというわけではありません。審査に落ちてしまう人もいます。

しかし、審査に落ちる人たちにはある共通点が存在しています。

アコムの審査に通過するのはどのような点に気を付けるべきでしょうか?審査に通るポイントや申し込みの流れ、所要時間、気になる電話連絡についてご紹介します。

アコムの審査は厳正!甘く見て適当な申し込みは絶対NG

アコムの口コミを見ていると、「審査が甘い」「いいや、審査は厳しい」と何ともはっきり判別しにくい意見があちこちに出てきます。まず、審査が甘いということは決してありません。その点は理解しておきましょう。

では、なぜ「審査が甘い、厳しい」という意見に分かれるのでしょうか。それは申込者本人の信用や申し込み態度によるものだと考えられます。

アコムの審査は詳細な項目をしっかりチェックした上で通過させるかどうかが決められています。しかしスピーディーな審査のため「甘い」と思ってしまう人もいるのかもしれません。

アコムの審査がスピーディーである理由は、長年積み重ねた審査のノウハウによるものです。審査で重要視するべき項目、申込書の最初の段階でチェックしておくべき項目などをその経験からマニュアル化し、運用しています。

  • アコムの審査は甘くない
  • 必要なことはすべてしっかりチェックしている
  • 豊富な経験がスピーディーな審査方法を確立させている

審査が甘くないということは、「無理な借入をしない・させない」ことに繋がっています。審査を甘くして返済能力に欠ける人に貸付をしても、最終的には返済不能になり、アコム側が損失を負ってしまうでしょう。

同時に、返済に苦労する人、債務整理で金銭の社会的信用を落としてしまう人が増えてしまうことにもなりかねません。

そのようなことを鑑み、甘い審査で適当な貸付をしないのです。アコムの審査が甘くないという事実は、申込者を保護することにも繋がっています。

審査ではどんなことを重要視する?

審査では多数の項目を素早くチェックしています。スピーディーな審査で有名なアコムですが、素早く正確な審査ができる技術を確立しているという老舗ならではの実力を持っています。

  • 返済能力を証明する項目
  • カードローンなどの過去の利用履歴
  • 他社借入残高

返済能力を証明する項目とは、「年収、勤務先、勤続年数、就労形態、扶養家族の人数、持ち家の有無など」がそれにあたります。「収入のうちどれくらい返済金に回せるだろうか?」ということをチェックするのです。

過去にカードローンやキャッシング、クレジットカードを利用した経験がある人なら、その履歴も信用情報機関で参照されることになります。もしも信用できないと判断されたら審査に通過できません。

「信用できない」と判断される内容としては、「カードローンやキャッシング、クレジットカードの著しい返済遅れ」「債務整理」です。いずれも金銭的な信用を損ねる内容ですね。

最近では携帯電話の利用料、奨学金の支払いも、期日通りの返済ができているかチェックされることが多くなっています。心当たりがある人は気を付けましょう。

他社借入残高も重要です。とくにアコムの今回の借入希望額と合わせて100万円を超える借入残高に及ぶのであれば、収入証明書の提出を求められたり、総量規制について重点的なチェックがおこなわれるようになります。

総量規制とは?カードローン会社が必ず守る総量規制について

アコムをはじめ、貸金業に分類されるカードローン会社は「貸金業法」を遵守した営業が求められます。これは貸金業者が守らなくてはならない法律です。違反すると企業に対してペナルティーが発生します。

総量規制とは、「利用者の年収の3分の1以上を貸し付けしてはいけない(利用者は借入してはいけない)」という、貸金業法内に定められている一項目です。

たとえば年収が300万円の人なら、借入できるのは100万円までです。これは複数の貸金業者から借入している金額の合計が対象になります。

アコムをはじめ、貸金業者はこの総量規制に非常に気を遣っています。審査で他社借入残高を重要視するのはこれが理由です。

3分の1までという制限は、人によっては不便を覚える金額かもしれません。しかし先々、返済に困らないとは言い切れないことも確かです。総量規制は利用者保護の観点で制定されています。

申し込みから審査・契約までの流れ

それではアコムの申し込みから審査、契約までの流れを見ていきましょう。

手順 内容
01:申し込みをする インターネット、店頭窓口・自動契約機、お電話、郵送から好きな方法で申し込む
02:審査結果通知 メールや電話、郵送物、(店頭窓口や自動契約機なら)その場で結果が通知される
03:契約手続き WEB上や書類の郵送により契約手続きを完了させる
04:ローンカードの受け取り アコムから郵送、または自動契約機や店頭でローンカードを受け取る
05:借入 初回借入が可能になる
※ローンカード到着前でも振込による借入が可能

申し込み方法によって初回の借入までかかる時間は様々です。早いのはインターネット、もしくは店頭や自動契約機といった、時間を短縮しやすいものでしょう。郵送は数日かかってしまうため、急ぎのときにはおすすめできません。

中には「もっと早く、できればその日のうちにでも借りたい!」と言う人もいますよね。次項でできるだけ早くアコムで借入する方法をチェックしてみましょう。

急ぎで借りたい!アコムの最速借入方法

アコムは最短即日融資をはじめ、短時間での借入を希望する人に対し、申し込みから契約までの時間を短縮できる方法を用意しています。急ぎのときにはぜひ実行してみましょう。

手順 内容
01:申し込みをする インターネットか電話から申し込みをする
02:審査結果通知と契約手続き 契約手続きはインターネットか自動契約機で即日可能
03:借入 最短即日借入が可能

インターネットや電話で申し込みをすると、すぐに審査が開始されるため、審査結果が通知されたらすぐに契約手続きができます。

インターネットならメールでの通知になり、そのメールから契約手続きが開始できます。店舗や自動契約機での契約手続きが良ければ、審査結果を待っている間に移動して時間を節約しましょう。

また、店舗や自動契約機での契約は、その場でローンカードを受け取れる・その場で借入ができるというメリットがあります。インターネットなら振込による借入が可能ですので、どちらでも好きなほうを選びましょう。

ただ、申し込み時間帯によっては審査結果が翌営業日になることがあります。アコムの審査は21時までに受付したものとなっているため、最短即日融資を希望するなら、この時間帯までに申し込み手続きを終えてください。

電話連絡はちょっと…相談してみる価値ありのアコム!

審査のときには在籍確認があります。在籍確認とは、申込書に記載した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認する審査の一環です。審査の最終段階でおこなわれるため、在籍確認が終わればほとんど審査に通過できます。

アコムの在籍確認の方法は基本的に職場への電話連絡になります。アコムに限らず、多くの金融商品ではほぼこの方法が採用されています。

職場への電話となると、自分以外の人が電話に出たときにカードローンの申し込みが知られてしまうのでは?と不安になるかもしれません。ですが、アコムはその心配がありません。

アコムの在籍確認電話はスタッフの個人名でかかってくるため、社名を名乗られることがありません。また、「在籍確認の電話です」とは言わず、「(申込者)さんはいらっしゃいますか?」程度の電話です。

もし申込者がその場に不在でも、電話に出た人が「席を外しています」「今日は休みです」と言えば在籍確認が完了します。プライバシーはしっかり守られますので安心してください。

とはいえ、申し込みをした人の中には「どんなにプライバシーが守られるとしても職場に電話をかけられたくない」と気持ちもあるでしょう。

  • 在籍確認についてアコムのフリーセンターに電話をして相談できる
アコムは公式サイトで、個別の事情がある場合は相談を受け付けるという旨を記載しています。在籍確認に不安や疑問がある人は、申し込み前にぜひ連絡してみてください。前向きな提案をしてもらえる可能性があります。

審査通過確率をアップ!ミスのない申し込みを心掛けて

アコムの審査の通過確率を上げるには、ちょっとした小さなコツが役に立ちます。本当に簡単なことですので、申し込みのときには取り入れてみましょう。

  • 申込書の記載ミスをしない
  • 必要書類を確実に揃えておく

審査に落ちる人の特徴として、申込書の誤字・脱字・記載漏れ、必要書類を充分に揃えていないというものがあります。取りも直さず、それは「守れば審査の通過確率が上がる」ということです。

どちらも申込書の送付前・送信前に必ずチェックできることです。最終確認をおこたらず、審査通過を目指してくださいね。

必要書類は申し込み前に必ず揃えておく!

アコムの申し込みに必要なものは、本人確認証、収入証明書です。本人確認証は申込者全員が提出し、収入証明書はアコムが定める条件にあてはまる人だけが提出することになります。

アコムの収入証明書は以下の条件にあてはまる人が必要です。

  • アコムでの借入希望額が50万円を超える人
  • 他社借入残高がアコムの借入希望額と合わせて100万円を超える人

この場合は収入証明書の提出が必要です。

本人確認証、収入証明書に利用できる書類は以下になります。

必要書類 利用可能書類
本人確認証 ・運転免許証
・健康保険証
・パスポート(顔写真・住所があるもの)
・マイナンバーカード
収入証明書 ・源泉徴収票
・課税通知書
・給与明細書
・所得証明書
・(個人事業主は)確定申告書、青色申告書、収支内訳書

本人確認証は提出方法で必要点数が異なります。

  • 専用スマホアプリから提出:いずれか1点
  • webアップロード、店舗、自動契約機:いずれか2点

1点だけしか持っていない人は、専用スマホアプリから提出すると手間が省けます。

1点しか持っていない、でもスマホも持っていない!という人は、1点+住民票の写し・または公共料金の領収書(電気、水道、ガス、NHK)でOKです。店舗や自動契約機から申し込むときにもこの方法になります。

マイナンバーカードは表面のコピーが求められます。個人番号と本籍地は塗り潰してから提出してください。

収入証明書は必要な人だけ提出すれば良いので、必要であれば該当するものを準備しておきましょう。

審査に落ちてしまったら?半年は我慢の期間

アコムの審査に落ちてしまっても、もしすぐにお金を借りたいという人は、もしかすると早速ほかのカードローンに申し込みをしたくなるかもしれません。しかし、それはやめておいたほうが良いでしょう。

審査に落ちた結果は、信用情報機関に半年ほど記録されます。ほかのカードローンの審査のときにチェックされると、あまり良い情報として捉えてもらえません。審査落ちの理由になります。

半年ほどで審査落ちの情報が削除されるので、それまでは申し込みを控えておきましょう。

ただ、どうしてもお金が必要になる事情があれば、カードローンではなく公的支援制度の利用をおすすめします。各自治体では必ず複数の自立支援制度が設けられており、低金利で融資を受けられる方法も用意されています。

自立支援制度の利用にはさまざまな条件がありますが、もしあてはまるようならしばらくそちらを使ってみるのも良い方法です。お住まいの自治体の窓口で相談してみてください。

初心者にもおすすめ!アコムで借りるなら事前準備を万端に

アコムは初心者でも安心して使えるクオリティを持っています。大手ならではの質の高い対応や審査のスピード性は業界でもトップクラスだと言えるでしょう。

審査は決して甘くなく、必要な項目をしっかりとチェックされます。

過去の信用情報はもちろんですが、申込書の記載ミスや必要書類の準備もおこたらないように気を付けましょう。

気になる在籍確認は申し込み前に個別相談が可能です。融資を急ぐ人へのフォローも万端で、アコムのカスタマーサービスの高さが実感できます。

分からないことがあれば申し込み前に質問し、安心してから申し込みをしてくださいね。

※記載の情報は2021年7月現在のものです。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる