就活に影響!?借金があるとバレてしまうのか?

一生を左右するかもしれない就職活動、学生時代の最大のイベントとも言えます。このとき、「借金がばれたら就職できないのでは?」と不安になる人もいるかもしれません。

確かに、「借金がある」と就職希望先に知られると、あまり良いイメージを持たれないのでは…と心配になってしまうでしょう。借金があったら本当に就職が難しくなるのでしょうか?

実際は借金があったとしても、就活に大きな影響が出ることはありません。

その理由や、これからカードローンの契約を予定している人、またはすでに借金がある人の不安を解消する方法についてご紹介します。

就活生の借金に対して企業はどんな反応をする?

ひとくちに借金といってもさまざまです。奨学金、携帯電話の分割払い、学生時代に作ったカードローンなどなど、個人の立場で違っていますよね。ただ、どれも返済義務がある借金であることには変わりありません。

その借金のせいで就活に影響が出るのでは…と考えている人は、あまり心配しなくても大丈夫です。

  • 企業は就活生の借金を知ることができない
  • 借金があっても就活に影響が出ることはない
  • 勝手に借金を把握されていたら企業に問題があると言える

企業は就活生だけではなく、社員に関しても、個人の借金を知る立場にありません。また、その情報を得る手段も一般的な企業は持っていないのです。

カードローンをはじめとした借金関連、金銭貸借関連の個人情報は、信用情報機関という場所に登録され、一定期間保管されています。

信用情報機関には借入している商品名や借入残高、返済状況などが登録されているのですが、この情報は本人か、金融商品の申し込みをしたときの審査をする金融機関しか参照できないことになっています。

つまり、企業が「就活生の借金状況を知るために」という理由で知ることはできないのです。企業に借金を知られることはありませんし、就活に影響が出ることもありません。

万が一知られていたとしても、むしろ知る立場にないのに知っている企業のほうに問題があると考えても差し支えないほどです。

金融機関への就活は例外かも?気を付けるべきこととは

信用情報機関を参照できない企業は、就活生の借金を知ることができないため、就活には影響ないとご説明しました。しかし実は一部だけ例外あがるのです。

  • 借入先の金融機関が自社データベースで知る可能性がある

信用情報機関は勝手に参照することはできませんが、就活先が金融機関の場合は要注意です。とくに「今借入している商品を取り扱っている金融機関」への就活は注意しましょう。

ほとんどの金融機関では、信用情報機関のほか、自社内に顧客管理のためのデータベースを持っています。こちらは自社内であれば自由に参照できるため、もしこの金融機関から借金があれば知られる可能性が高くなります。

借金の内容や返済状況によっては、就活に悪影響を及ぼさないとは限りません。とくに返済遅れを繰り返していたり、任意整理をしている場合は要注意です。

対策としては、「もしも返済状況が悪い借入残高があれば、その借入先の就活を避ける」ことがベターでしょう。

ただ、就活先の方針によっては必ずしも悪影響が出るとは限りませんので、どうしても就職したい金融機関なら、チャレンジしてみるのも1つの正しい決断です。

親が借金をしている…それでも大丈夫?

自営業の資金繰りであったり、ほかの何らかの事情で、親御さんや保護者のかたが借金をしている就活生もいるでしょう。「親の借金があっても就活には影響ないの?」という心配も出てくるかもしれません。

結論から言ってしまえば、親の借金が就活生に影響することはありませんのでご心配なく。そもそも、就活生本人の借金状況と同様、企業は親の借金を知る手段を持っていません。借金そのものを知られないでしょう。

また、「親が自己破産をしている」という点も同様です。自己破産をすると一部の職に就けないなどの制限が一時期発生しますが、これも就活生には関係ありませんし、企業が知ることも基本的にはありません。

自己破産に限って言うと、企業も知ろうとすれば知ることができます。誰でも閲覧可能な官報に名前が載るためです。

しかし企業が1人の就活生のためにそこまでの手間をかけると言えば考えにくいですし、何より、親の債務状況を子供の就活に影響させる必要性がないと言えます。親御さんの借金などは心配せず、堂々と就活を頑張りましょう。

借金返済中でも就活OK!返済遅れは気を付けて

奨学金やカードローンなどですでに借金がある人は、返済しながら就活をしているでしょう。借金返済中でも就活をすることはまったく問題ありません。希望の企業目指して就活に勤しんで下さい。

返済しながらの就活は問題ないの?という疑問を持つ人もいるようですが、再三ご説明している通り、就活生の借金状況を企業に知られることはありません。一切問題ないことです。

ただ、返済遅れや滞納、任意整理のような金融事故を起こしてしまうと、将来的に悪い影響が出てしまうことがあります。

  • 金融事故は信用情報機関に登録される
  • ほかの金融商品の審査時にマイナス情報として扱われる
  • カードローンだけではなく住宅ローンなどに影響が出る可能性も
  • 情報は一定期間を超えると削除される

金融事故には遅延・滞納、任意整理、強制解約、法的整理(自己破産など)があります。いずれも信用情報機関に一定期間登録されることになっており、ほかの金融商品の審査で影響を及ぼします。

学生のうち、若いうちは奨学金やカードローンを使うことが多いでしょう。万一審査に通らないとしても、一定期間を過ぎれば金融事故の情報が消えるため、再度チャレンジすることも可能です。

しかし信用情報機関の情報は、カードローンのような小口融資商品の審査に使われているだけではありません。住宅ローンやカーローンのような、一生に深く関わるようなローンの審査の際にも参照されます。

「学生のときにカードローンで失敗しちゃって…」「奨学金の返済がうまくいかなくて…」という理由で、一生の中でもそうそうない大きな買い物のチャンスが逃げてしまう可能性が出てきてしまうのです。

まだ将来のことなんて分からないよ、と言わず、将来の自分のためにも日頃から順調な返済を心掛けましょう。

返済に遅れそうなときには連絡や手続きを

「今月はどうしても返済が厳しい」「奨学金を返すのが難しくなってしまっている」といったことになってしまう可能性もありますよね。ただ、そのまま放置して滞納状態になるのは避けましょう。

  • カードローンは返済日前に借入先に連絡をしておく
  • 奨学金は必要であれば減額返還や返還期限猶予を申請する
  • とにかく無連絡での滞納は厳禁

カードローンの場合は返済日が来る前に、「今月は返済が厳しい」と正直に相談しておきましょう。このとき、カードローン会社の人が厳しく叱りつけてくることはありません。

というのも、貸金業法で「利用者に対して乱暴な態度を取ってはいけない」ということが決められているからです。カードローン会社としても自社イメージを落としたくありませんし、丁寧な態度で対応してくれますよ。

返済が厳しいことを相談すると、返済計画を見直してくれることもあります。また、会社によっては「今月は利息だけでも良い」という処置をすることも。無連絡で滞納してしまうより、よほど良い結果に繋がります。

奨学金に関しては、減額返還や返還期限猶予を利用することもできます。必要であれば申請するようにしましょう。

とにかくどちらとも、「無連絡での滞納は絶対NG」ということだけは覚えておいてくださいね。

就活にもお金がいる…そんなときには大手で借りるべき!

「就活するにもお金がかかる!」という人もいますよね。リクルートスーツに交通費、ほかにも細々とした出費があるのは確かです。そこでおすすめなのはやはりカードローンでしょう。

カードローンもたくさんの種類がありますが、学生が初めて借りるのであれば、大手のカードローン会社が安心です。

  • 大手は学生も申し込めることが多い
  • 提携ATMが多い・ネット振込が可能など利便性が高い
  • ただし一定の収入は必要(アルバイトで良い)
  • ほとんどのカードローン会社は20歳以上が申し込みできる

大手のカードローン会社は提携ATMが多かったり、ネットでの振込が可能であることが大多数です。就活であちこち移動するときにも、時間や場所を気にせずに資金調達が可能です。返済ももちろん同様の場所からおこなえます。

ただ、一定の収入がなければ申し込みができません。収入の多寡に限らず、「継続・安定した収入があるかどうか」が鍵になります。学生ならアルバイトをしていればほとんどのカードローン会社でOKです。

申込資格は20歳以上が一般的です。これは大手も中小もほぼ同一です。法的には18歳から借入をすることができるのですが、確実に責任が取れる年齢になってから取引をしたいという、カードローン会社の考えでしょう。

また、未成年の買い物は親が一方的にキャンセルできるという法律も関係しています。カードローンの契約を結んだとしても、親が許さなければ破棄されてしまうのです。そのようなリスクを避けたい事情もありそうです。

SMBCモビットやアコム、プロミスのような大手カードローン会社のブランドは、学生にも広く門戸を開いています。収入に応じた利用限度額が設定されるため、借り過ぎの心配も低くできるでしょう。

また、やはり大手だけあってカスタマーサービスが非常に高いレベルを誇ります。金銭のやり取りはデリケートなものですが、丁寧な対応に、万一トラブルがあっても安心して任せることができるでしょう。

学生時代からカードローンを使うメリット

カードローンというと借金です。あまり良い顔をしない人もいるかもしれません。しかし実際のところ、学生時代からカードローンを使うのは、将来的にも決してマイナスにならず、むしろプラスになる可能性もあるのです。

「返済に遅れてたら信用が…」と前述しましたが、それとは逆のことが起きると考えてください。つまり、学生時代からカードローンを使い、金融事故を起こさなければ、あなたの信用が積み重ねられていくのです。

  • 信用情報を若いうちから積み重ねることができる
  • 将来的にランクの高い金融商品の審査にプラス影響が出る可能性

社会に出て数年経てば、クレジットカードを作る人も多い時代です。そのときの審査で「学生の頃からお金を上手にコントロールしているのだな」と思われれば、審査に通る可能性が上がります。

また、信用情報次第では、ランクの高いクレジットカードや、大型ローンの審査にプラス影響が出ることは間違いありません。

就活生という立場ではまだ現実的に考えにくいことかもしれませんが、いずれにせよカードローンを使うのであれば、そのようなことを視野に入れた使い方をしてみるのも良いのではないでしょうか。

おすすめは大手!学生にも手厚い内容ばかり

初心者が使うことに向いているカードローンのブランドなら、プロミスやSMBCモビット、アコムといった、有名なところが良いでしょう。有名なのはきちんと理由があり、「初心者でも安心して使える」という点です。

とくにこの3社は審査が早く、急いで就活資金を調達したいときにもぴったりです。申し込み方や借入方法、そして返済方法をしっかり把握してから利用してみてくださいね。

ブランド名 特徴
プロミス 金利:4.5%~17.8%
利用限度額:最大500万円
特徴:
・30日間無利息サービス
・web契約なら最短即日融資可能
・学生の申し込みOK
SMBCモビット 金利:3.0%~18.0%
利用限度額:1万円~800万円
特徴
・三井住友銀行内のローン契約機で申し込み可能
・WEB完結申込で手間削減
・学生の申し込みOK
アコム 金利:3.0%~18.0%
利用限度額:1万円~800万円
特徴
・30日間金利0円サービス
・クレジットカードもある
・学生の申し込みOK

プロミスとアコムは30日間利息が無料になるサービスをしています。これは初回しか使えませんが、絶対に見逃せないサービスですよね。ぜひお得に使いましょう。

SMBCモビットは一定の条件を満たせばWEB完結申込が利用できます。WEB上で申し込みから契約、借入までのすべてを済ませられるものですので、忙しい人にはぴったりですね。

どのブランドも20歳以上の申し込みが可能になっていますので、就活中の学生も大丈夫です。返済計画をしっかり立てて、ぜひ上手に利用してみてくださいね。

借金があっても就活に影響なし!希望の就職先を目指そう

借金が就活に影響を及ぼすことはありません。

学生の間にできた借金は、就活先だけではなく、就職後も企業が知る立場にないためです。

また、その手段もありません。あまり心配しすぎず、就活を頑張りましょう。

ただ、金融機関に就職を希望している人は、借入先の自社データベースで情報が参照される可能性があります。もし不安であれば就活先を変えるのも1つの手段でしょう。

就活資金として、またはほかの事情でカードローンの申し込みをするのであれば、大手のカードローン会社が提供しているブランドがおすすめです。手厚いサービスは大手ならではのもの。安心して使えます。

20歳以上であれば、ほとんどのカードローンの申し込みが可能になります。学生の頃から信用情報を積み重ねられるというメリットもありますので、必要であれば申し込みをしてみて下さいね。

※記載の情報は2021年7月現在のものです。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる