ブラックでもお金を借りたい!正しい消費者金融の探し方

「銀行を利用するのは預金するときか、銀行引き落としなどの手続きをするときくらい」という人は、「ブラック」と言われても一体なんのことなのかピンとこないかもしれません。

銀行、貸金業者などの金融業界で「ブラック」といえば、支払いの延滞や自己破産などで「個人信用情報」に「事故情報」として記載され、「信用にキズがつく」状態のことを指します。

「信用にキズがつく」とどうなるか?たとえば、持ち家購入のために住宅ローンを組みたいとか、新規クレジットカードをつくりたいというとき、審査に通らない、お金が借りられない、カードが発行できない事態に陥ってしまいます。ですから、「ブラック」になることは絶対に避けたいものです。

「ブラックかもしれない」不安、個人信用情報の開示で調べてみては?

銀行や消費者金融で借入申込みをしたり、クレジットカードをつくると、「個人信用情報機関」を通して、あなたについての情報が記載されます。延滞や債務整理などの、いわゆる「事故情報」と呼ばれる不名誉な記載でなければ、「ブラック」などではなく、単なる貸し借りの記録(クレジットヒストリー)です。

定められた日までにきちんと完済すれば、「優良な個人信用情報」として記載され、少し大げさな言い方をすれば、金融業界においての、あなたの信用度が高くなる結果をもたらします。

金融業界からの信用が厚ければ、今後、借入をするときや、新しいクレジットカードをつくるときの審査がスムーズに行われ、迅速に好結果が得られるでしょう。またよりよい条件(金利面、借入金額)で融資が受けられる可能性もグンと高くなります。

カンタンに言えば、あなたが借金を重ねることによって将来、より有利な条件で借入することができるというワケです。ただし、借りたお金をその都度期日通りにきちんと完済できていればの話ですが…。

自分についての「個人信用情報」の記載は確認することができる!

貸し借りの記録を明確に記録し、証明する「個人信用情報」。自分の「個人信用情報」にどんなことが記載されているのか…。ちょっと気になりますよね。

情報機関が管理する信用情報だから、門外不出のトップシークレットなんじゃないか?

そんなことはありません!個人信用情報機関に問い合わせし、必要な手続きさえ踏めば、自分自身の「個人信用情報」の記載は見ること(開示)ができます。

国内の個人信用情報機関は次の3つです。

  • 株式会社CIC(シーアイシー)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

いずれの情報機関でも、以下の3通りの中から開示方法を選べます

  • インターネットによる個人信用情報の開示
  • 郵送による個人信用情報の開示
  • 窓口による個人信用情報の開示

個人情報が「ブラック」の場合、自分が被ることになる不利益は?

情報開示には手数料がかかります。自分自身の情報とは言え、情報機関が所持する機密情報で開示するためには費用も発生します。CICのホームページでは、「実費の一部を利用者に負担していただく」という表現になっています。

CICの場合、インターネット開示の場合は、クレジットカード一括払いで1,000円。郵送開示の場合はゆうちょ発行の定額小為替証書を1.000円で購入しますので、値段はクレジット一括払いの場合と一緒です。実際に情報機関に赴いて窓口開示をする場合は、その場で500円を支払います。

窓口開示がいちばん安く済みますね。ただし、現在は新型コロナウィルスの感染防止の観点から窓口での開示ができないことがあります。窓口開示の対応の有無については、各情報機関にお問い合わせ下さい。

けっして高額というわけではないですが、費用は発生しますので、ただの興味本位なら個人信用情報の開示はしなくてよいと思います。しかし、次のケースに当てはまる場合は「ブラックの可能性が非常に高い」ので、自身の目で個人信用情報の記載を確認してみてもよいかもしれません。

  • クレジットカードの審査に通らない
  • カードローンの審査に通らない
  • スマホの機種変更ができない

「ブラック」記載を消すことができると豪語する詐欺にご用心!

クレジットカードをつくれなかったり、カードローンが申し込めなかったり、スマホの機種変更ができなかったりしたら、慌てますよね。それが、個人使用情報に記載された返済の延滞などの「事故情報」、いわゆる「ブラック」のせいだとしたら…。

そんなとき、「ブラック履歴を消すことができる」などと謳う業者を見つけたら、渡りに船!とばかりに頼ってしまうかも知れませんが、ちょっと待って!それは詐欺です!

一度記載された事故情報はあなたが生きている限り、消せない…。なんてことはまったくなくて、おおよそ5年ほど経てば事故履歴は消え、あなたはブラックではなくなります。

また、預金残高が足りず、クレジットの引き落としができなかったとか、返済日に間に合わず、返済が日付変更線を越えてからの返済となってしまった…、自分の個人信用情報にキズがついた。もうブラックだ!なんて心配する必要はありません。

事故情報として記載される、返済遅延の目安はおおよそ2ヶ月、61日間と言われています。ついうっかり二、三日返済が遅くなってしまったから即ブラック!などということは絶対にあり得ません。

二、三日程度の遅延だったにも関わらず、「あなたのブラックを確実に消す」などと言っている悪徳業者がいたとしても、その程度の遅延では、そもそもブラックにはならないのですから、後日「事故情報を消してあげた」と言って報酬を求めてきたら、それは明らかに詐欺なのです。

とは言え、将来のより大きな借入(マイホームローンなど)のために、優良な信用情報(クレジットヒストリー)を築いていきたいのだとしたら、返済遅延はわずかでも御法度。期日通りの返済を肝に銘じましょう。そのためには、なによりも「借りすぎない」ことが一番。借入はあくまで必要な金額だけ。余裕を持って返済できる金額を借りるようにしましょう。

「ブラックでも貸します」という業者から借金してはいけない理由

「ブラック履歴を消去を請け負う」業者より、さらにタチが悪く、注意しなければいけないのが、「ブラックでも借りられる」ことを吹聴する貸金業者です。

先ほども述べたように、個人信用情報がブラックだと、

  • クレジットカードの審査に通らない
  • カードローンの審査に通らない
  • スマホの機種変更ができない

というような事態に陥ります。そのような困難な状況にあると多少金利が高くてもお金を貸してくれるならありがたい!とつい思ってしまうかもしれません。しかし、それは大きなカンチガイ。

「ブラック」の人に融資できないのは返済能力の低い人を守るため

国や地方自治体が営業を許可した正規の貸金業者が「ブラック」の人にお金を貸さない(貸せない)のは、実は「ブラック」の人の生活や人生を守るためなのです。そう言うと、少し大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、真実です。

個人信用情報にキズがある「ブラック」の人、すなわち61日を越える返済の延滞であったり、自己破産など債務整理の経験者というのは、「返済能力が低い人」、もう少しマイルドな言い換えをするならば、「借りすぎてしまった人」です。

国や地方自治体の認可を得た正規の貸金業者は、その営業にあたって「貸金業法」という法律を遵守しなければなりません。

貸金業法の中で一般によく知られているのが「総量規制」で、これは年収の三分の一を超える金額を貸し付けしてはいけないというもの。もうひとつが「利息制限法」で、これは上限金利(最大の金利)が15?20%を越えてはいけないとされています。どちらも借入申込み者の「借りすぎ」を防ぎ、返済不能に陥ることを抑止する目的で定められています。

借りすぎを防ぐ理由は簡単。借りすぎれば必ずや返済不能に陥るからです。

悪徳貸金業者は正規の貸金業者ではありませんから、貸金業法を守るメリットはありません。すでに返済滞納しているブラックの人がこれ以上のお金を借りて一体どうやって返済するというのでしょうか。

事故情報が消滅するのを待って必ず正規の貸金業者から借入しよう

すでに返済延滞しているブラックの人に高額を貸し付けた場合、利息制限法の15?20%をはるかに越える高金利で貸し付ければ、利息分の徴収だけでも元金は容易に取り戻せてしまいます。借入金額を多くすれば、より金利分が多くなる。返済不能になった場合は、ブラックの人の「生活」や「人生」を奪います。住居や給料を差し押さえるとか、近親者を探し出し借金を肩代わりさせるとか…。想像するだけで恐ろしいですね!

大手消費者金融は、最初に述べた、個人信用情報機関のうち、銀行融資に対応する全国銀行個人信用情報センター(KSC)以外の、株式会社CIC(シーアイシー)ないし、株式会社日本信用情報機構(JICC)、あるいはその両方に個人情報を問い合わせ、そこでブラックであることが分かれば、審査に通しません。

たとえ、ブラックであっても記載されてから5年経てば事故情報は消失します。事故情報が消失してからならば、SMBCモビット、アコム、プロミスなど大手消費者金融の審査に通る可能性も格段に高くなります。

また、限りなくブラックに近い状態ではあるが事故情報として記載がない場合もありますし、完全にブラックであっても、CICかJICC、いずれかの片方の情報機関にしか事故情報の記載がない場合もあります。消費者金融が問い合わせした情報機関がたまたま記載のない方の情報機関だったとしたら、審査の厳しい大手消費者金融でも、運良く審査に通ることも十分あり得るのです。

ですから、くれぐれも「ブラックOK」などと謳っている悪徳貸金業者に借入申込みしないように!正規貸金業者である、SMBCモビット、アコム、プロミスなど信頼のできる大手消費者金融で借入申込みをしたいものです。

正規の業者なら、暴利な高金利で貸付されることもなく、また総量規制がありますから、借りすぎることもありません。安心してお金を借りたあとは、必ず期限内に返済を終えるようにしましょう。これは将来、優良なクレジットヒストリーを築いていくために、忘れて欲しくない最重要事項です。

返済能力に不安がある人に消費者金融アコム、プロミスを勧める理由

金融業界でいうところの、「ブラック」、すなわち個人信用情報の記載にキズ、「事故情報」が記載されている場合、大手消費者金融のカードローンや新規のクレジットカードが申し込めない、スマートフォンの機種変更ができないなど、深刻なラブルに見舞われることをお伝えしました。

しかし、個人信用情報のキズというのは記載から5年も経てば消失し、ブラックが理由で審査に通らない状態から脱することができます。カードローンを利用するなら、そこで改めて大手消費者金融に申し込んでみるのがベスト!

限りなくブラックに近いけれどギリギリブラックじゃないというような場合は、個人信用情報機関に事故情報は記載されていない可能性もありますし、情報機関ふたつのうち、片方にしか事故情報の記載がなければ、貸金業者が運良く記載されていない方の情報機関に問い合わせして問題なく大手消費者金融の審査に通ることもあることも覚えておいてくださいね。

いずれにせよ、カードローンを申し込むなら、断然、SMBCモビット、アコム、プロミスの3社がオススメです。「返済遅延したことがある。もしかしたら、ブラックかも…」と返済能力に不安を抱える人には、とくに、アコムとプロミスがオススメ!

なぜなら、この2社のカードローン、30日間の利息ゼロを実施しているからです。つまり一ヶ月間なら、返済するのは元金のみ。利息が一切かからないんです。

利息ゼロの借入の利用条件など、詳しくは下記のアコム、プロミスの公式ホームページをご確認ください。

アコム
https://www.acom.co.jp

プロミス
https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

SMBCモビット、アコム、プロミス3社の金利・借入限度額をまとめました。こちらもぜひ参考にしてくださいね。

消費者金融名 金利 借入限度額
SMBCモビット 3.0?18.0% 1万?800万円
アコム 3.0?4.7% 1万?800万円
プロミス 4.7?17.8% 500万円まで
関連記事
閉じる
バレずに借りられる