借金をすると会社にバレる?注意したいポイント

初めてカードローンを使ってみたいけど、会社に借金がばれるのはちょっと困る…。そんな人はいませんか?借金は悪いことではないのですが、お金のことはデリケートです。つい気になってしまうものですよね。

実際のところ、会社に借金がばれる可能性はとても低いのです。

あまり心配しすぎる必要はありません。本記事では「会社に借金がばれるのでは?」と心配されやすいタイミングや対策についてご紹介します。

借金は会社にばれる?通常ならばれません

結論から言ってしまうと、カードローンやキャッシング、ショッピングクレジットなどの借金が会社にばれることは滅多にありません。ばれてしまうときは必ず何らかの事情があります。

その事情を説明する前に、なぜ借金がばれないのかを知っておきましょう。

  • 会社側は金銭に関する個人情報を調べられない

例外はありますが、一般的な会社は社員の金銭に関する個人情報を調べることができません。これは大手企業、中小企業など、会社の規模に関係なく共通しています。

金銭に関する個人情報は信用情報と呼ばれ、従来は信用情報機関に登録されています。信用情報機関の情報は開示手続きをした本人、あるいはカードローンをはじめとした金銭商品の審査をおこなう金融機関だけです。

金融機関であっても、正当な理由がなければ信用情報を見ることができません。申し込みのときの審査や利用中の与信審査など、何らかの事情がある場合のみです。

転職時に調べられるの?それも心配ご無用です

中には「転職のときに借金を含めた身辺調査をされるのでは?」と考える人もいます。この可能性も非常に少なく、転職時にばれる心配をする必要はないでしょう。

前述の通り、やはり金銭に関する個人情報は理由のある金融機関のみが調べられます。転職時の調査は信用情報機関で信用情報をチェックする理由になりません。そのため、転職時にばれる心配がないのです。

もしも転職の面接のときに「借金がありますね、採用できません」と言われたら、その会社がルール違反を犯している可能性があります。あまり良い会社ではありませんので、むしろ採用できなくてラッキーだと思いましょう。

返済が遅れたら…。それでも会社に督促するのは違法

カードローンを使えば返済をしなくてはいけないのですが、その返済が計画通りにいかないこともあるかもしれません。するとやはりカードローン会社から返済に関する連絡が来るでしょう。

ただ、この連絡が在籍している会社にされることは基本的にありません。

  • 会社に返済に関する連絡をしてはいけない
  • 手紙、電話、電報、訪問、いずれも貸金業法で禁止されている

カードローンをはじめとした貸金業者は、借金の督促を利用者本人の連絡先以外におこなうことを禁じられています。本人の会社、実家や親戚の家、友人などに連絡をすると、貸金業法違反となって罰せられます。

ただし例外はありますので、「どうしてもばれてしまう可能性」について次項で詳しくご説明します。

こんなときにばれる可能性!注意点と対策は

前述の通り、借金が会社にばれることは基本的にはありません。しかし例外があり、数少ないケースではありますが、ばれてしまう可能性もあります。

  • 返済遅れの連絡をわざと無視している

借金を返しそびれるとどことなく後ろめたくなり、カードローン会社からの連絡を無視してしまいたくなる人がいるかもしれません。ただ、あまりにも連絡を無視し続けるのはおすすめできない選択です。

会社への連絡は基本的に貸金業法で禁じられていますが、例外として「どうしても連絡を取れないときはOK」という項目もあるため、長期間連絡を無視していると会社へ手紙や電話、電報などが届く可能性があります。

そうなるとやはり会社に借金のことを隠すのは難しくなり、結果的にばれてしまうでしょう。

対策としては2つです。

  • 返済遅れをしない
  • どうしても返済遅れをするときには事前に連絡する
  • 連絡が来たら必ず早めに出る

中には「電話に出たら怒られるのでは…」と心配になる人もいるかもしれませんね。昔の映画やドラマならそんなシーンもあったものですが、現代はその心配も無用です。

貸金業法では、利用者が圧迫感を覚える(怖いと思う、プレッシャーを感じるなど)対応をしてはいけないとされています。真っ当な業者なら丁寧で礼儀正しい対応をします。及び腰にならず、早めに連絡に応じましょう。

就職先が借入している金融機関だった場合

やはり前述の通り、基本的に就職や転職のとき、金銭に関する個人情報を調べられることはありません。しかしそれはあくまで「信用情報機関に登録されている情報」を指しています。

  • 就職・転職先が金融機関である
  • その金融機関から借金をしている
  • 金融機関の自社データベースで借金が判明する

銀行や消費者金融、信販会社には、信用情報機関とは別に、独自の顧客管理方法があります。自社データベースに過去の顧客情報を保管していることがほとんどです。

もしも就職・転職先が金融機関で、その金融機関から借金があるのなら、自社データベースをチェックした際に借金が分かる可能性が高くなります。

借金があるからと言って就職・転職ができないというわけではありませんが、知られたくない人にとっては困ってしまうことですね。

対策としては、借入をしている金融機関には就職・転職しないこと、あるいは先に綺麗に完済しておくことです。

ただし返済態度があまりにも悪い(返済遅れが目立つ、長期間返済しなかったなど)があれば、あまり良い結果にはならないでしょう。ほかの金融機関に狙いを定めたほうが良さそうです。

審査の在籍確認は?プライバシー厳守で安心

カードローンの審査には在籍確認があります。「その会社に在籍しているかどうか」を確認することで、多くは会社に電話をかける方法が採られています。このときに借金がばれてしまうのでは?と心配する人もいます。

  • 在籍確認はカードローン審査だとばれない電話のかけかたをする
  • 在籍確認の電話で借金がばれることはほとんどない

カードローン会社も在籍確認の電話が苦手だという人の気持ちが分かっています。そのため、プライバシーを尊重し、本人以外が電話に出ても在籍確認だと分からないようなかけかたを徹底しています。

たとえば「カードローン会社ですが(申込者)さんはいますか?」というような真似はしません。スタッフが個人名で電話をかけ、社名を名乗ることがないのです。これなら在籍確認だと分かりにくいですよね。

「この電話はカードローンの審査です」と言うこともありません。あくまでその会社に在籍していることが分かれば良いので、「いますか?」「いません(または「席を外しています」)という会話でも充分です。

もしもこの会話で「あの人は借金をしている!」と分かる人は、かなり勘が鋭いか、もしくは自分も経験者であるかのどちらかでしょう。

ただ、どうしても電話が心配な人もいますよね。ほかの人が「何の電話だったの?」と質問するかもしれません。

そんなときには「金融機関の案内だった」「銀行口座のことだった」など、申し込み内容に関係することを言っておくと良いでしょう。

「それでもやっぱり在籍確認の電話は嫌だ!」という場合は、条件によっては電話以外での在籍確認に応じてくれるカードローン会社を探してみてはいかがでしょうか。

大手カードローン会社では世間のニーズに応え、在籍確認を電話以外でおこなう方法を用意していることがあります。

プライバシー厳守!安心の大手カードローン

在籍確認の電話連絡がどうしても無理!という人は、SMBCモビットやアコム、プロミスがおすすめです。いずれも有名なカードローン会社がリリースしているブランドですよね。

この3つのブランドは多くの顧客が高い満足度があるという評価を出しています。職場への電話連絡に不安を持つ人に対しても配慮をしており、各ブランドはそれぞれ丁寧な対応を心掛けています。

ブランド名 電話連絡への対応
SMBCモビット 「WEB完結申込」なら電話連絡以外でも可能
アコム フリーダイヤルで相談が可能
プロミス 申込完了後、すぐに電話すれば相談可能

SMBCモビットは申し込み方法が「WEB完結申込」であれば、電話連絡以外も可能になっています。ただし以下の条件を満たしている人のみが利用できます。

  • 三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの銀行口座を持っている
  • 社会保険証、または組合保険証を持っている

この条件を満たしていれば、WEB完結申込で申し込みをすることができます。電話連絡は不要です。しかし満たしていない場合は通常の申し込みになるので電話連絡が必要になります。

アコムははっきりと電話連絡をしないと明言していないのですが、申し込みに不安がある人はフリーダイヤルで相談をすることができます。

電話連絡についても不安を解消してくれるよう、個別の事情の相談ができますので、必要であれば事前にフリーダイヤルに電話をしてみると良いでしょう。

プロミスは「申し込み完了後」に連絡をすると相談に乗ってくれます。タイミングは「申し込み完了後すぐに」となっていますので、申し込みと電話ができる時間をしっかり取れる時間帯を確保したほうが良さそうですね。

職場への電話連絡はつい引け目を感じてしまいますが、実際にあったとしても、前述の通り借金がばれることはほぼありません。それでもどうしても心配…という人は、大手のカードローンブランドを使うと安心ですね。

大手のカードローンがおすすめの理由

大手のカードローン会社で取り扱うブランドをおすすめする理由としては、サービス内容が手厚いためです。とくにSMBCモビット、アコム、プロミスは顧客満足度が非常に高いブランドで、長年業界トップを競っています。

  • 申し込みから初回借入までスピーディー
  • 最短即日融資可能
  • プライバシーへの配慮が万全
  • スタッフの質が高い
  • 借入・返済方法が豊富で便利
  • 提携ATMが多い

どのブランドも正確で丁寧な審査をしていますが、それでも最短即日融資可能なほどスピーディーです。申し込み時間帯や営業日を意識する必要はあるのですが、それでも急いでいるときには頼りになります。

電話連絡をはじめとしたプライバシーへの配慮も万全な上、スタッフの質も高く、カスタマーサービスのクオリティは群を抜いています。何かあってもスムーズに、そして丁寧な対応が期待できるでしょう。

借入や返済方法が多いのも大手ならではの特徴です。提携ATMも豊富なため、日本全国どこでも借入や返済が可能です。かなりの利便性を感じられます。

カードローン会社は大小さまざまですが、初心者であればあるほど、まずは大手のブランドを試すことをおすすめします。

ばれる心配はほとんど無し!大手ならさらに安心

会社に借金がばれる可能性は「ほとんどない」と言えます。もしもばれてしまったとしたら、それは何らかの特殊な事情があったと考えたほうが良いでしょう。

借金がばれないようにするには、返済日をきちんと守ること、もし遅れそうなら事前に連絡を必ずすることが重要です。期日通りにきちんと返済していれば、そうそう連絡は来ないものなのです。

審査の電話連絡に関して不安があれば、大手のカードローン会社を利用してみましょう。

SMBCモビット、アコム、プロミスなど、気になる電話連絡に関して相談に乗ってくれるブランドがおすすめです。

※記載の情報は2021年7月現在のものです。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる