カードローンは専業主婦でも利用できる?夫にバレない方法とは!?

カードローンの場合、自分で収入を得ている主婦と専業主婦とでは大きく条件が違って来ます。自分で収入を得ている主婦の方の場合は、自分の収入で申し込む事ができるので問題はありません。問題は専業主婦の方の場合で、安定した収入がありませんからキャッシングしようと思うと配偶者の収入で審査を受ける必要があります。

総量規制がネックに!

専業主婦の方が消費者金融会社でキャッシングしようと思えば総量規制の関係でご主人の年収の3分の1以内になります。しかも配偶者貸付という方法を選ぶ事になります。その場合はご主人の同意書が必要になります。手続きもややこしくなりますから大手の消費者金融会社は実質専業主婦に対する融資はしていません。

しかも専業主婦の場合は、ご主人に内緒で借りたい場合も多いですから同意書が必要になる時点で消費者金融会社ではキャッシングができないという事になります。でも同意書が用意できるのなら配偶者貸付けをしてくれる消費者金融会社を利用するという方法もあります。でもそれならご主人にカードを作ってもらってカードと借りた方が早いですね。

夫に内緒でお金を借りたい場合

ご主人に内緒でキャッシングしたいという場合は、銀行のカードローンなら大丈夫です。銀行は総量規制の対象外ですからご主人の同意書も必要ありません。なおその場合には専業主婦枠のあるカードローンに申し込んでください。専業主婦枠があるかどうかは、申込み条件の中に専業主婦でも申込可能となっていれば専業主婦枠があるという事になります。

カードローンの審査については、ご主人のお勤め先に対しての在籍確認の電話がありますが、これはカードローン会社の担当者が個人名で会社に電話を掛けますのでカードローンである事はわかりません。また審査が終わってからでもご自宅に郵便物が送られて来るという事もありませんのでご安心ください。

郵便止めにしておけば大丈夫!

なおカードの受け取りを郵便にしている場合は、郵便止めにしておけば大丈夫です。それ以外の方法では自動契約機をご利用になるかご自分の銀行口座への振込融資にすれば、ご主人に内緒でキャッシングができます。でも銀行口座の場合は融資された時に通帳に印字されますので万全を期すのであれば自動契約機か郵便局止めにした方がいいです。

最後に、どれくらいキャッシングできるのかという肝心の部分ですが、あくまで一般的な標準として30万円~50万円の利用限度額になるようです。でも50万円という専業主婦枠の銀行は少なく、たとえそうであっても審査の結果30万円以内という場合が大半です。それでも臨時のキャッシングとしては十分活用できる金額ですね。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる