SMBCモビットで審査落ちしない為に注意すること!

SMBCモビットの審査はスピーディーなのに厳格で、審査落ちの噂もしばしば耳にします。初めてSMBCモビットに申し込むとき、審査の厳しさや自分が落ちないかなど、不安は後を絶ちません。

そこで本記事では、SMBCモビットの審査落ちをする理由や重要視される項目、審査に無事通過するために必要なコツについて検証します。

また、ネットで申し込んだときの流れや審査時間、万が一審査に落ちたときにはどうすれば良いかなど、初心者ならではの疑問をチェックします。ぜひ参考になさってください。

審査が甘いカードローンは存在しない!

カードローンの審査について調べてみると、「A社は審査が甘い」「B社なら借りやすい」というような噂を聞くかもしれません。しかし実際、それは間違っています。

審査が甘いカードローンというものは存在しません。とくに利用者の使いやすさを重視している誠実なカードローン会社ほど、審査をしっかりおこないます。甘く見て適当な申し込みかたをすると審査に通過できません。

SMBCモビットは利用者の立場を考えたカードローン商品を提供する誠実なブランドです。甘い審査をおこなうことはなく、一定の基準を満たした申込者に対して審査通過を通知します。

SMBCモビットの審査は厳しいのではなく、「カードローンの審査を甘く見ている人にとっては厳しく感じられる」と言えるでしょう。

審査に落ちる理由は?信用されるかされないかが重要

審査に落ちる原因は、大きなものとして3つ挙げられます。返済能力にいまいち信用をおけなかったり、あまり誠実ではなかったり、初心者であまり知識がなくてうっかり申し込みミスをしてしまったりといったものです。

カードローンは物品の担保が不要です。その代わり、申込者本人の信用が重要です。「この人は貸したお金を返してくれるだろう、信用できる!」とSMBCモビット側が思わなければ、審査に通過することができません。

SMBCモビットをはじめ、カードローンの申し込みに必要なものは、まず「信用されるための情報」です。信用されなければどんなにハイスペックな人でも審査に落ちてしまいます。

要注意!審査に落ちる3種類の理由

では、どのような人が信用されないのかを具体的に見てみましょう。

理由 詳細
安定した収入の有無 ・働いていない
・転職したばかりで収入の安定性に不安がある
・安定、継続した収入が期待できない働きかたをしている
信用情報 ・過去に金融事故を起こしたことがある
・他社からの未返済の借入が多い
申し込み内容 ・申し込み書の記載内容の誤字や脱字
・必要書類の未提出
・在籍確認が取れない

安定した収入の有無は返済能力に直結する事項です。無職は最初から対象外になります。転職したばかりの人もやや注視されますが、ほかの要件を満たしていれば通過確率が上がります。

安定・継続した収入が期待できないというのは、突発的なスポットに入る日払い系の仕事が代表的です。

信用情報とは、過去にお金関係の商品の利用記録です。信用情報機関というところに一定期間情報が残されているため、カードローンをはじめとした金融商品の審査のときには確実に照会がおこなわれます。

この信用情報で、過去に悪質な延滞や滞納を起こしている、債務整理の経験がある、他社からの未返済の借入が多いなど、マイナス評価に繋がる記録が発見されれば、審査に通過する確率はとても下がってしまうのです。

情報内容はカードローンやキャッシングのようなものに限らず、携帯電話料金の支払い遅れや家賃の滞納、奨学金の返済遅れなども記載されています。いずれも審査で悪影響をおよぼす内容です。

申込書の記載内容の誤字脱字、必要書類(本人確認証や収入証明書など)の提出ミスには気を付けましょう。これは事前にチェックすることで防げるミスです。

また、カードローンの審査には在籍確認がおこなわれます。在籍確認が取れないと審査に通過できないので、確実にできるように前もって準備をしておきましょう。

在籍確認は申込書に書いた会社に本当に在籍しているかどうかを確認する作業です。審査の最終段階でおこなわれます。

ほとんどが会社に直接電話をしての確認になりますが、スタッフが電話に出た人に対してカードローンの審査ということや企業名を言うことはなく、個人名で架電するためプライバシーについて心配する必要はありません。

また、SMBCモビットは一定の条件を満たす申込者に対しては、電話ではなく書類での在籍確認を可能にしています。電話はちょっと…という人は、後述する条件に合うかどうか確認してみましょう。

ここが見られる!審査で要チェックされる項目とは

カードローンの審査は全般しっかりとチェックされますが、その中でもいくつはとくに厳しく見られます。

  • 年収
  • 勤務先
  • 就労形態
  • 信用情報

信用情報に関しては前述の通りです。初心者だからカードローンやキャッシングで失敗したことはない、過去に金融事故を起こしていないと思う人でも、携帯電話や家賃、奨学金などについて改めて思い出してみましょう。

年収や勤務先、就労形態は、返済能力に大きな影響が出るため、審査で厳しくチェックされる項目です。年収が多ければ返済に回せるお金が確保しやすくなりますし、勤務先の規模は収入の安定性を測る項目です。

就労形態は、正規雇用、非正規雇用が主にチェックされます。正規雇用ではなくては審査に落ちるというわけではなく、今の時代は非正規雇用でも安定・継続した収入があると認められれば大丈夫です。

就労形態のチェックは、利用限度額を決定するときの判断材料になります。無理な返済になるような借入ができないよう、それぞれの収入や立場に応じた利用限度額を設定する必要があります。

正規雇用者は会社が倒産しない限り、突然職を失うということはあまりありません。対して非正規雇用者は雇用期間が終われば無職になる可能性があるため、正規雇用者よりは利用限度額が低く設定される傾向にあります。

SMBCモビットの審査に通るコツは?事前準備がマスト!

SMBCモビットの審査に通るためには、事前準備が最大のコツになります。初心者でもとくに難しいことはありません。まず、自分の信用情報をしっかり把握しておきましょう。

  • 不安なら信用情報機関に照会してみる

過去に金融事故を起こした覚えはない、でも携帯電話や家賃、奨学金に心当たりがないこともないな…という人は、審査に通過できるかどうか不安になるかもしれません。

そんなときには信用情報が保管されている信用情報機関で、自分の情報を参照してみることをおすすめします。

信用情報機関はおもに金融商品を取り扱う金融機関、金融会社が審査のときに参照をする場所ですが、所定の手続きを踏めば本人や代理人も自分の情報を参照することができます。

奨学金の滞納 日本全国銀行協会(JBA)
携帯電話料金の滞納 貸金業法指定信用情報機関(CIC)
家賃の滞納 家賃保証会社・家賃の支払い方法によって異なる

過去に心当たりがある人は、それぞれの信用情報機関で情報開示手続きをおこなってください。500円~1,000円の情報開示手数料が必要です。

自分の情報をチェックして問題がないようであれば、自信を持ってSMBCモビットに申し込みができますね。ほかのコツを抑えていざ申し込みです。

申込書と収入証明書のチェックを!

信用情報に自信を持てたのなら、次は実際の申し込みのコツを抑えます。申し込みのコツはとにかく「記載と証明書類に注意する」ことが重要です。

  • 申込書に誤字・脱字・記載漏れはありませんか?
  • 必要な証明書類はすべて揃っていますか?

申込書を送付、あるいは申し込み画面の送信ボタンを押す前に、必ずこの2つをチェックしてみてください。

誤字・脱字・記載漏れは、「個人情報を偽って申し込みをした」と判断されます。そのつもりはなくても虚偽だと思われてしまうのですね。不誠実な人間として信用されず、審査に落ちてしまいます。

必要な証明書類は最初から指定されています。本人確認証、収入証明書がそれにあたります。証明書として利用できるものは最初から指定されていますので、必ず適したものを用意してください。

ただし収入証明書に関しては、必ずしもすべての人が必要になるわけではありません。

SMBCモビットでは「50万円以上の借入を希望する人」「他社の借入残高とあわせて100万円以上の借入になる人」に対してのみ、収入証明書の提出を求めています。それ以外の人は不要です。

SMBCモビットで証明書として利用できるものは以下の通りです。

本人確認証 ・運転免許証
・健康保険証
・パスポート(2020年2月4日以降の申請による発行は無効)
収入証明書
※提出条件にあてはまる人のみ
※すべて写し
・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細(直近2ヶ月分)
・賞与明細(賞与がある人のみ・年間賞与額が分かる夏冬分)

本人確認証のパスポートは、2020年2月4日以降のものが使えません。パスポートの仕様が変わり、住所記載欄などの情報項目が欠けているためです。住所・氏名が分かる運転免許証や健康保険証を利用しましょう。

収入証明書は提出条件にあてはまる人が用意します。ただし審査の内容によってはSMBCモビット側から改めて提出を求められることもあります。

在籍確認が取れる状態にしておくこと!

審査の最終段階では、前述の在籍確認がおこなわれます。基本的には職場への電話になります。会社に自分がいる、あるいは必ず誰かが電話に出られる時間帯に電話をかけてもらえるよう、申込書に記入しておきましょう。

  • 在籍が確認できれば良いので本人以外が電話に出ても良い
  • 個人名で電話をかけてくるため、本人以外が出ても社名や電話の目的を話されることはない
  • 「(申込者は)席を外しております」「休みです」でも良い

SMBCモビットをはじめ、カードローン会社は在籍確認でプライバシーに最大限配慮した電話のかけかたを徹底しています。

本人以外が電話に出ても、社名や電話の目的を言うことはありません。「Aと申しますが、(申込者)さんはいらっしゃいますか?」という話しかたをしてくれます。

本人以外が出ても改めて電話をかけ直すことはありません。席を外している、今日は休みです、とその程度の返事があれば在籍確認完了です。「(申込者は)在籍しておりません」以外なら、まず心配ないでしょう。

ネットで申し込みのメリットと審査時間

SMBCモビットはパソコンやスマートフォンを使い、インターネットで申し込むことができます。

  • 24時間365日いつでも申し込みが可能
  • 証明書類は撮影した画像をアップロードすればOK
  • 審査結果はメールか電話で完了
  • 月曜~金曜の19時までに申し込めば最短30分で審査結果通知可能

インターネットからの申し込みはこのようなメリットがあります。店舗へ行ったり申込書を郵送する手間が省け、思い立ったときにいつでも申し込みができるのは、緊急でお金を借りたいときに大きな助けになってくれますね。

とくに月曜日から金曜日の19時までに申し込み手続きを完了すれば、最短30分で審査結果の通知がおこなわれます。

ただし申込者の信用情報やそのほかの状態に確認したい部分があれば、もう少し時間がかかることは覚悟しましょう。

ネットで申し込みから契約、初回借入までの流れ

では実際、ネットからの申し込みの流れを見てみましょう。

・返送して完了

順序 内容
01:申し込み ・パソコンまたはスマートフォンの申し込み画面から申し込む
02:審査結果通知 ・メールか電話で審査結果が通知される
・月曜~金曜19時までの申し込みなら最短30分で結果通知
03:入会手続き ・SMBCモビットから送られる契約書類に必要事項を記入
04:ローンカード発行 ・契約書類返送後にローンカードが発行される
・郵送かローン契約機でローンカードを受け取る
05:初回借入 ・規定の借入方法で初回借入可能になる

申し込みから初回借入まではこのような流れになっています。借入方法は指定口座への振込か、ローンカードを使ってATMからの借入になります。

流れをチェックしてみると、「案外時間がかかるんだな」と思う人もいるでしょう。できれば早く借りたい、面倒な手続きはカットしたいというのであれば、「WEB完結申込」がおすすめです。

WEB完結申込なら最速で初回借入可能!

SMBCモビットの魅力の1つに「WEB完結申込」があります。スピーディーに借りたいという人におすすめの方法です。

  • 審査結果通知がメールに限定できる
  • 自宅への郵送物なしで契約手続きを終えられる
  • 在籍確認は書類のみでおこなわれる(電話なし)
  • ただしいくつかの条件を満たす必要がある

WEB完結申込は、スピーディーに審査を終えたい人、自宅への郵送物をなくしたい人、在籍確認を電話以外の方法で済ませたい人にぴったりです。

また、ローンカードの発行がないことや、WEB上で契約手続きを済ませられるため、最速での借入が可能になります。もしもローンカードが必要な人は、後から改めて発行することもできます。

ただ、WEB完結申込ができる人は限られています。以下の条件にあてはまる人だけが利用可能です。

  • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかに本人名義の口座を持っていること
  • 社会保険証、または組合保険証を持っていること

もしもこの2つの条件をクリアできるのなら、WEB完結申込で申し込みを終えられます。SMBCモビットの中では契約や初回借入まで最速の申し込み方法ですので、急ぎのときにはぜひ利用してみてください。

審査に落ちたら次の申し込みまでは時間を置くこと!

どんなに気を付けて申し込みをしても、やはり審査に通過できないこともあるでしょう。そんなときにはどうすれば良いのでしょうか。

  • すぐにほかのカードローンの申し込みをしない
  • 次の申し込みまでできれば半年程度は時間を置く

SMBCモビットに限らず、審査に落ちてしまったら、すぐにほかのカードローン商品の申し込みをするのはやめておいたほうが得策です。半年程度は時間を置くべきでしょう。

審査に落ちたという結果は、前述の信用情報機関に登録されます。すぐにほかのカードローンに申し込むと、「この人はお金にとても困っているのではないか?返済しないで踏み倒すつもりでは?」と受け取られてしまいます。

もしそんなつもりがなくても、カードローン会社側には分かりません。不要な審査落ちをこれ以上増やさないよう、信用情報機関から審査落ちの情報が消される半年後までは待ったほうが良いでしょう。

その間にどうしてもお金が必要になってしまった場合には、公的な支援制度を利用しましょう。お住まいの自治体には必ず低金利の融資制度が用意されています。

生活保護とは違う融資制度ですので、家屋や財産を手放さずに融資を受けることができます。まずは自治体に相談してみてください。

SMBCモビットは信用とコツで通過確率アップ!

カードローンの審査は決して甘くありません。誠実でしっかりとした経営をするカードローン会社ほどその傾向があります。

かといって厳しすぎるわけではなく、お金に対する考えかたがしっかりしている人であれば、返済能力に応じた借入ができる可能性が高いといえます。過去の借入で不誠実なことをしていなければ、審査に通過できる人も多いでしょう。

SMBCモビットは誠実な経営をするブランドです。だからこそ利用者は安心して借入ができますし、収入と返済バランスがよく考えられたシステムが確立されています。

申し込み方法も多彩で、とくにインターネットからの申し込みはスピーディー、かつ手間も少なくておすすめです。

条件を満たせば使えるWEB完結申込も非常に便利で、ぜひ利用したい方法です。

大手ブランドならではのハイクオリティなサービスを用意しているSMBCモビットは、初心者でも安心して使えるカードローンブランドです。

※記載の情報は2021年7月現在のものです。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる