プロミスの審査に落ちた人の特徴!対策方法を紹介

「プロミスでお金を借りたい!でも審査落ちしたらどうしよう…」。そんな不安を持ってしまうのは誰にでもあることです。審査基準が公開されていないのですから、余計に考えてしまいますよね。

カードローンの審査ではたくさんの項目がチェックされます。中でも信用と返済能力を示す項目は非常に重要です。プロミスが定めた基準に合わなければ、審査に通過することはできません。

実際、審査に落ちる人には共通した特徴があります。

どんな人が審査に落ちるのか、またその対策は?初心者でも経験者でも、プロミスに申し込みをするときの注意点をしっかりおさえておきましょう。

プロミスの審査は厳しいの?落ちた人の特徴とは

プロミスに申し込もうと思って下調べをした人はいませんか?審査に関してもたくさんの情報が出てきますよね。中でも「審査は厳しいのか?」という事項は気になるものです。

プロミスの審査は、大手ブランドならではの誠実な態度でおこなわれています。担保なしで金銭を貸借する商品に相応しく、それなりの厳しさがあると言えるでしょう。

かといって、「初心者はダメ」「社会的立場が高くなければ無理」というわけではありません。プロミスが求める返済能力、そして金銭に対する社会的信用に問題がなければ、スムーズに審査に通過することができます。

  • プロミスの審査通過に必要なのは返済能力と金銭の社会的信用
  • 問題がなければスピーディーに審査通過可能
  • 落ちる人には特徴がある

審査に落ちる人はそれなりに共通した特徴があります。中には事前にきちんと下調べをして準備をしておけば問題なく審査に通ったのに、準備をおこたったために落ちてしまうもったいないケースもあります。

プロミスの審査に落ちるのはどんな人?

プロミスの審査に落ちる人は、返済能力や金銭の社会的信用に疑問を持たれてしまう要素を有しています。どれか1つでもあてはまるのであれば、審査落ちする可能性を考えておいたほうが良いでしょう。

理由 詳細
収入面 ・無職
・転職したて
・安定、継続性に欠ける収入
信用情報 ・携帯電話、クレジットカードの支払いを滞納したことがある
・他社借入残高が多い
申し込み内容 ・申込書の記載ミス
・必要書類が足りない、間違っている

まず、収入面のチェックが入ります。貸したお金を返さなければいけませんので、収入がない無職の人は最初から対象外です。不労所得の場合は応相談になる可能性がありますが、通常の審査よりも時間がかかるでしょう。

転職してからまだ日が浅い人(おおむね3ヶ月未満)の場合も、「長く働かなかったら返済ができなくなるかも」と懸念されて審査に落ちやすくなります。転職後は3ヶ月以上経ってから申し込んだほうが無難です。

正規雇用者、非正規雇用者は問われませんが、安定・継続した収入が望まれます。不定期に日払いの仕事に入るタイプの働きかたをしている人は審査通過が厳しくなるでしょう。

金銭に関する社会的な信用、すなわち信用情報も重要です。「カードローンを使ったことがないから大丈夫」と思っても、携帯電話の支払いやクレジットカードの支払いで滞納したことはありませんか?

このような情報は審査の際、信用情報機関で参照されます。信用情報機関は過去の金銭関係の記録を一定期間保管する機関です。ここに延滞記録が残っていると審査で不利になり、あまりにも酷い場合には落ちてしまいます。

初歩的なところでは、申込書の記載不備(誤字・脱字など)、必要書類の提出にミスがあったという理由があります。すべて申し込み前に確認できますので、最終チェックを必ずおこないましょう。

プロミスの審査に落ちる人はこのような特徴があります。前もって知っておけば防げる項目もありますので、審査の通過確率を上げたい人はぜひ心掛けてみてください。

審査で重要な項目は?

審査の項目ははっきり言えばすべて重要なのですが、中でも重要視されるものについてチェックしてみましょう。

  • 年収、勤務先
  • 就労形態
  • 他社借入残高

年収や勤務先は返済能力を示す重要な項目です。年収が高い、勤務先が大手企業であるなどは審査で有利にはたらきます。収入に対して返済に回せる金額が多い、安定している、と判断されるためです。

就労形態は前述の通り、正規雇用者・非正規雇用のどちらでも審査に通過することはできるのですが、やはり安定性・継続性のある収入という点を考えると、正規雇用者のほうが有利になることは確かです。

また、就労形態は利用限度額を決定するときにもチェックされる項目です。正規雇用者のほうが非正規雇用よりも利用限度額が高く設定される傾向にあります。

他社借入残高も重要視されています。あまりにも多い場合、今回の借入と合わせると返済が難しくなる可能性があるためです。また、総量規制にも関係しています。

【総量規制とは】

年収の三分の一以上の貸付・借入を禁じる規則です。貸金業法の1項目にあたります。カードローンやキャッシングの借り過ぎで、利用者が返済に困らないように制定されました。

総量規制を超える貸付をしてしまうと、貸した側がペナルティーを受けることになってしまいます。企業の信用に関わる事態になるため、総量規制に関してはとくに注意深くチェックされると考えておいたほうが良いでしょう。

総量規制に近くなっていることを誤魔化そうとしても、審査の段階で必ず分かります。信用情報機関に借入残高が記録されているためです。すでに総量規制に近い人、達している人は、申し込みを控えましょう。

プロミスの審査は早い?できるだけ早く借りたいときには

自分自身の収入や勤務関連、信用情報に問題がないと分かれば、プロミスに申し込みをしても審査に通る確率が高くなります。プロミスの審査は早く、最短即日融資も期待できます。

  • 申し込みから審査完了までの時間が最短30分
  • ただし新規申し込みの場合は利用限度額が50万円に限定される

申し込み~審査完了まで最短30分で終わるケースもあり、プロミスの審査スピードはカードローン業界でもトップクラスの速さを誇ります。審査が甘いわけではなく、しっかりした審査でこの速さは驚きですね。

ただ、新規申込者(初めてプロミスに申し込みをする人)は、利用限度額が50万円に限定されます。それ以上を借りたいと考えているのであれば、あまりスピーディーな審査完了は期待できませんので注意しましょう。

申し込みから借入までをもっと早くしたい!申し込み時間に注目

申し込みから借入までの時間を短縮したい、1秒でも早く借りたい!という人は、最短即日融資を目指したいと考えるでしょう。プロミスは条件を満たしていれば最短即日融資の可能性があります。

  • WEB申し込みを利用する
  • 9時から21時の間に申し込み手続きを完了する

プロミスの申し込み方法の1つに、WEB申し込みがあります。9時から21時の間に「少ない入力項目で最短15秒回答」から申し込み手続きを完了すると、最短で当日中に契約手続きと振込による初回借入ができる可能性が高くなります。

遅い時間帯よりは早い時間帯に手続きを完了させたほうが良いでしょう。審査は申し込み順に開始されます。申込者が多い日は審査の順番が回ってくるまで時間がかかり、遅い時間帯だと審査完了も遅くなります。

少しでも早く借りられる可能性を高くしたい!というときには、早い時間帯にWEB申し込みから手続きを完了させましょう。

通過率アップ!申し込みのときに気を付けるべきこと

申し込みのときにちょっとしたことに気を付けると、審査の通過率が格段にアップします。信用情報や就労形態に関しては変更がききませんが、そのほかで気を付けられることはたくさんあります。

  • 申込書の誤字・脱字・記載漏れをよく確認する
  • 必要書類を確実に用意しておく

申込書や申し込み画面の記入はしっかりチェックしましょう。誤字・脱字・記載漏れは審査落ちの原因になってしまいます。正しい情報を正しく記入してから送付・送信してください。

必要書類は必ず提出することになりますので、前もって用意しておきましょう。とくに収入証明書が必要になる人は、場合によっては手間がかかりますので、事前の準備がスピード融資へのキーポイントです。

収入証明書は「借入希望額が50万円を超える人」「他社借入残高とプロミスの借入を合わせて借入残高が100万円を超える人」「個人事業主」が準備すれば大丈夫です。

ただ、それ以外の人でも、審査の過程でプロミス側が提出を求めるケースがあります。その際には速やかに提出しましょう。

プロミスに提出する必要書類は?

プロミスの申し込みで求められる必要書類は、本人確認証(全員)、収入証明書(必要とされる人)の2種類です。以下のものを用意しておきましょう。

証明書類 種類
本人確認証 ・運転免許証
・運転免許証がなければ健康保険証、またはパスポート
・ただしパスポートは2020年2月3日以前の申請・発行であること
・外国籍の人は「在留カード」または「特別永住者証明書」を別途用意
収入証明書 【提出条件】
※借入希望額50万円を超える人
※プロミスから提出を求められた人
※個人事業主は確定申告書等が必要
・源泉徴収票
・確定申告書
・税額通知書
・所得証明書

来店での申し込みで運転免許証やパスポートがなく、健康保険証での申し込みを希望する人は、プラスでもう1点の証明書類が求められます。もう1点に使えるものは以下になります。

  • 公共料金の領収書(電気、水道、ガス、NHK)
  • 住民票の写し、もしくは住民票の記載事項証明書
  • 国税、もしくは地方税の両流書か納税証明書
  • 社会保険料の領収書

この中から1点を選び、健康保険証と一緒に提出することになります。あくまで来店申し込みのときに求められるだけですので、WEB申し込みの人は不要です。

最短即日融資を目指すなら、借入希望額が50万円までになりますので、本人確認証だけで充分です。ただし個人事業主の人は借入希望額にかかわらず収入証明書を求められますので、先に用意しておきましょう。

もしも審査に落ちてしまったら?

プロミスの審査に落ちてしまっても、安易に「じゃあほかのカードローンをすぐに申し込もう!」と思わないほうが賢明です。少なくとも半年ほどの期間をおいた方が良いでしょう。

  • 審査落ちの結果が信用情報機関に登録される
  • 審査落ちの情報もほかの金融商品の審査に悪影響が出る可能性
  • 審査落ちの情報は半年ほどで削除される

「審査に落ちた」という情報は、ほかの金融商品の審査のときにマイナス情報として取り扱われます。信用情報機関に登録されているため、審査のときには必ず参照されることになっています。

信用情報機関から審査落ちの情報が削除されるのは約半年後ですので、その間は新規の申し込みを控えておきましょう。

中には「信用情報機関は見ないよ!」という業者がいるかもしれませんが、それは高確率で違法業者、つまり闇金です。

正規業者は必ず信用情報機関の利用を義務づけられていますので、取りも直さず、信用情報機関を参照しない業者は違法業者であると言えます。

高金利・高利息や無理な取り立てなどの被害に遭う可能性が高いので、関わるのはやめておきましょう。

審査に落ちてしまうとお金に困り、明日からどうしよう…という状況の人は、公的支援制度を頼ってみると良いでしょう。公的支援というと生活保護を思い浮かべる人も多いかも知れませんが、ほかにも種類があります。

生活保護は財産を手放さなければ受けられないのですが、「生活困窮者自立支援制度」ならそのようなことはありません。低金利で貸付を受けられます。内容も細分化されているため、目的に合わせた借り方が可能です。

当面の生活費が必要であれば、お住まいの自治体で事情を話して相談してみましょう。

プロミスで借りるならノーミスで申し込みを!

プロミスの審査は決して甘くなく、しっかりとした返済能力と信用、申し込みのときの準備が必要です。とくに申込書の記載ミスや証明書類の不備は、自分の事前チェックで防ぐことができます。

プロミスで早い審査、早い融資を受けたければ、WEB申し込みの利用がおすすめです。

最短即日融資の可能性もあります。ただし申し込み時間が限られていますので、できれば早めに申し込み手続きを完了させましょう。

甘くない審査ですが、返済能力と事前準備で通過確率は上がります。不安なときには申し込み前にプロミスに相談してみるのも良いでしょう。電話やメール、チャットでの質問が可能です。

※記載の情報は2021年7月現在のものです。

関連記事
閉じる
バレずに借りられる